down

インターネット・パッケージのオート・アクティベーション機能をご利用いただけるようになりました。

12/12/2017 12/12/2017
インターネット・パッケージのオート・アクティベーション(自動連続起動)の機能をお使いいただけるようになりました。


※ オート・アクティベーション機能以外の一般的なインターネット・パッケージの操作方法

( 詳しい操作手順は ↑ 上のリンクをクリックしてください。)


1.本オート・アクティベーション機能を使用した場合と、使用しない場合のサービス動作の違いについて

例) SIMカードの残高が30ドルあったとして、 INTERNET 1000 (利用料金は15ドル)を起動します。

( INTERNET 1000 の起動番号 146*907*34# をダイヤルして、発信ボタンを押す。)

INTERNET 1000 の起動により、SIMカード残高30ドルから15ドルの利用料金が差し引かれて、残高は15ドルとなります。

この状況で、以下 (1) と (2) の場合分けでご説明します。


(1) オート・アクティベーションを使用しない(OFF)場合のサービスの動作

INTERNET 1000 が起動されたため、1 GBまでの通信が可能です。この間、SIMカード残高の15ドルは変動しません。

仮に INTERNET 1000 を起動してから30日間が経過するか、あるいは 1 GB分のデータ通信が行われた場合、自動的に通常料金でのデータ通信に切り替わり、SIMカード残高の15ドルから従量課金の形で引き落とされます。

SIMカード残高がゼロになれば、通常料金でのデータ通信も停止します。


(2) オート・アクティベーションを使用する(ON)場合のサービスの動作

INTERNET 1000 が起動されたため、1 GBまでの通信が可能です。この間、SIMカード残高の15ドルは変動しません。

仮に INTERNET 1000 を起動してから30日間が経過するか、あるいは 1 GB分のデータ通信が行われた場合、自動的に INTERNET 1000 が再度起動され、SIMカード残高15ドルから15ドルが引き落とされます。

これにより、SIMカード残高は即時にゼロになりますが、再び、1 GBまでの通信が可能になります。

更に再度30日間が経過するか、あるいは 1 GB分のデータ通信が行われた場合、既にSIMカード残高が15ドル以上無いため、オート・アクティベーション機能が停止(OFF)状態となります。
改めてオート・アクティベーション機能をONにする操作を行わない限り、今後は上記 (1) と同様の動作になります。


2.オート・アクティベーション機能を利用可能なインターネット・パッケージ

本機能を利用可能なインターネット・パッケージは、以下の 3 種類のみとなっております。

INTERNET 250, 500, 1000 (いずれも有効期間は起動後30日間)


3.オート・アクティベーション機能をON にする操作方法

INTERNET 250の場合、まずINTERNET 250を起動するダイヤル操作を行い、このパッケージを起動します。

「*146*907*30#」とダイヤルして発信ボタンを押す。

続いて、ダイヤル内容の一部を書き換えて(「*1」を加えて)「*146*907*30*1#」とダイヤルし、発信ボタンを押します。

このように、「*146*907*30#」の後に「*146*907*30*1#」とダイヤルすると、INTERNET 250のオート・アクティベーションがオンになります。


同様にINTERNET 500の場合は、「*146*907*33#」と発信ボタンでパッケージをまず起動した後、

「*146*907*33*1#」とダイヤルして発信ボタンを押すと、INTERNET 500のオート・アクティベーションがオンになります。


同様にINTERNET 1000の場合は、「*146*907*34#」と発信ボタンでパッケージをまず起動した後、

「*146*907*34*1#」とダイヤルして発信ボタンを押すと、INTERNET 1000のオート・アクティベーションがオンになります。



4.オート・アクティベーション機能を OFF にする方法

各パッケージの番号に応じて、「*0」を組み込んで以下のようにダイヤルして発信ボタンを押します。

「*146*907*30*0#」

「*146*907*33*0#」

「*146*907*34*0#」

をダイヤルし、発信ボタンを押します。

※ 手動でオート・アクティベーション機能を OFF にする操作以外に、SIMカードの残高が不足したときにも、オートアクティベーション機能は OFF になります。(上記1.(2) の箇所でこの内容についてご説明しております。)



5.オート・アクティベーション機能が ON か OFF か、状態を確認する方法

起動されているパッケージの残量や有効期限を確認するダイヤル操作

*146*907# とダイヤルして、発信ボタンを押す。

を行っていただきますと、

例)

Bundle C6: 782.80 mb., expires on 12-01-2018, auto-activation is off.

Bundle C5: 192.50 mb., expires on 12-01-2018, auto-activation is on.

のように、残量や有効期限とともに、ON / OFF の情報も表示されます。

※ Bundle C6 は INTERNET 1000、Bundle C5 は INTERNET 500 を意味しております。


6.ご注意事項 (重要)

オート・アクティベーションを ON にしたままにしますと、例えば日本へのご帰国後にhellosimを全く使用していない状態になったときも、30日が経過するたびに、(起動されるパッケージの利用料金を上回るSIMカード残高がある限り)パッケージが繰り返し起動されます。

気づかないうちに残高が減少していくことになりますので、ご帰国時や、インターネット・パッケージが適用されない国に渡航される際には、必ず手動でオート・アクティベーションを OFF にしていただくことを強くお勧め致します。

※ オート・アクティベーションの ON / OFF 切り替えは弊社側でも可能です。この機能の利用を希望される場合や、ご帰国後に OFF にしたかどうかに不安をお感じのお客様は、ご遠慮なく support@hellosim.jp まで、 お問い合わせください。
down

10月15日付 ブルンジ、ルワンダでhellosimをご利用いただけるようになりました。

16/10/2017 16/10/2017





2017年10月15日より、ブルンジ、ルワンダでhellosimをご利用いただけるようになりました。




また、ギニアビサウでデータ通信(インターネット接続)をご利用いただけるようになりました。(Zone 2の料金でのご提供となっております。)


各国でのご利用料金につきましては、以下の最新のPDF版の料金表をご覧くださいませ。



2017年10月15日現在PDF版料金表



down

6月15日付 Zone 0 および Zone 1 のデータ通信通常料金およびインターネット・パッケージの大幅値下げ等につきまして

15/06/2017 15/06/2017




1.Zone 0およびZone 1の通常料金(従量料金)が大幅に引き下げられました。

(1) Zone 0については、10 KBごとのデータ送受信料金がこれまでの0.0022ドルから、0.00077ドルに(1 MBごとの料金では、これまでの0.22ドルから0.077ドルに)なりました。

(2) Zone 1については、10 KBごとのデータ送受信料金がこれまでの0.0086ドルから、0.0061ドルに(1 MBごとの料金では、これまでの0.86ドルから0.61ドルに)なりました。


2.インターネット・パッケージの料金が劇的に引き下げられました。

INTERNET 50 – 2.00 USD (旧料金 4.50 USD)

INTERNET 100 – 3.00 USD (旧料金 9.00 USD)

INTERNET 250 – 5.50 USD (旧料金 22.50 USD)

INTERNET 500 – 9.00 USD (旧料金 45.00 USD)

INTERNET 1000 – 15.00 USD (旧料金 90.00 USD)

注: INTERNET 10は今回の料金引下げにより廃止となりました。


3.以下の国(通信会社)のネットワークでデータ通信(インターネット接続)をご利用いただく場合、Zone 1の料金でご利用いただけるようになりました。

(1) アルメニア  通信会社はArmenTel (Beeline) (Zone 2料金からの引き下げ)

(2) キルギスタン 通信会社はSky Mobile (新規提携通信会社)

注: 上記各国でZone 1の料金でデータ通信をご利用いただくには、上記の各通信会社をご選択いただく必要がございます。


4.以下の国のSMS送信料金が引き下げられました。

トルコ 0.22ドル/通 (旧料金 0.48ドル/通)


5.事情により、リベリア(Liberia)へのローミングがご利用いただけなくなりました。



料金の詳細につきましては、以下のリンクから『エリア・料金について』のページをご覧ください。



『エリア・料金について』





各国でのご利用料金につきましては、以下の最新のPDF版の料金表をご覧くださいませ。



2017年6月15日現在PDF版料金表




down

4月1日付 韓国、タイのデータ通信料金および中国、カナダ等通話料等の引き下げにつきまして

31/03/2017 31/03/2017




1.以下の国(通信会社)のネットワークでデータ通信(インターネット接続)をご利用いただく場合、Zone 1の料金でご利用いただけるようになりました。(Zone 3料金からの引き下げ)

(1) 韓国 通信会社はKTF

(2) タイ 通信会社はdtac TriNet Co., Ltd.

注: 上記各国でZone 1の料金でデータ通信をご利用いただくには、上記の各通信会社をご選択いただく必要がございます。


2.以下の国の発信通話料金が引き下げられました。

(1) ベラルーシ 0.84ドル/分

(2) カナダ 0.59ドル/分

(3) 中国(香港、マカオを除く) 0.89ドル/分

(4) イスラエル 0.44ドル/分

(5) カザフスタン 0.59ドル/分


3.以下の国のSMS送信料金が引き下げられました。

(1) アゼルバイジャン 0.43ドル/通

(2) ベラルーシ 0.36ドル/通

(3) カナダ 0.42ドル/通

(4) ジョージア 0.42ドル/通

(5) イスラエル 0.42ドル/通

(6) カザフスタン 0.42ドル/通

(7) 韓国 0.56ドル/通


料金の詳細につきましては、以下のリンクから『エリア・料金について』のページをご覧ください。



『エリア・料金について』





各国でのご利用料金につきましては、以下の最新のPDF版の料金表をご覧くださいませ。



2017年4月1日現在PDF版料金表




down

3月1日付 カザフスタン、タジキスタン、ウズベキスタン、ロシアの一部通信会社のデータ通信料金の改定につきまして

01/03/2017 01/03/2017




1.以下の国(通信会社)のネットワークでデータ通信(インターネット接続)をご利用いただく場合、Zone 0の料金でご利用いただけるようになりました。(Zone 1料金からの引き下げ)


  カザフスタン 通信会社はKcell

注1: カザフスタンでZone 0の料金でデータ通信をご利用いただくには、Kcellをご選択いただく必要がございます。


2.以下の国(通信会社)のネットワークでデータ通信(インターネット接続)をご利用いただく場合、Zone 1の料金でご利用いただけるようになりました。(Zone 2料金からの引き下げ)

(1) タジキスタン  通信会社はTacom

(2) ウズベキスタン 通信会社はUnitel

注2: 上記各国でZone 1の料金でデータ通信をご利用いただくには、上記の各通信会社をご選択いただく必要がございます。


3.以下の国(通信会社)のネットワークでデータ通信(インターネット接続)をご利用いただく場合、Zone 1の料金でのご利用となります。(Zone 0料金からの引き上げ)

ロシア 通信会社はVimpelCom(Beeline)

注3: ロシアでVimpelCom(Beeline)をご利用いただいた場合、「インターネット・パッケージ」の適用対象となりません。

注4: ロシアで「インターネット・パッケージ」の適用を受けるためには、Mobile TeleSystems(MTS)をご選択いただく必要がございます。



データ通信料金や「インターネット・パッケージ」の詳細につきましては、『エリア・料金について』のページの『3.主な国々でのデータ通信(インターネット接続)料金』の項目をご覧ください。



『エリア・料金について』





各国でのご利用料金につきましては、以下の最新のPDF版の料金表をご覧くださいませ。



2017年3月1日現在PDF版料金表




ページトップへ